《ルカリオ&メルメタルGX》を徹底攻略!効果的な使い方や採用デッキ【フルメタルウォール】

今回は2019年2月1日(金)に発売される《フルメタルウォール》に新たに収録が発表された新規タッグチーム《ルカリオ&メルメタルGX》の効果的な使い方やコンボについて解説していきます。

デッキも組んでみましたので、そちらも是非見てみてください。

《ルカリオ&メルメタルGX》


自分の山札にある鋼エネルギーを1枚、このポケモンにつける。そして山札を切る。

ダブル無色エネルギー1枚で、ダメージを与えつつエネ加速ができるのはとてもいいですね。

相手に150ダメージを与えます。
「こうてつのこぶし」でエネ加速をした次のターンから早速使っていくことができます。
なおかつ150ダメージも出るので、何度も使っていきたいワザですね!
この対戦が終わるまで、自分の鋼ポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは、すべて「-30」される。追加でエネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする。
今回の拡張パックの表題にもなっている《フルメタルウォール》
このワザを使ったターンから、ゲームが終わるまで自分の鋼ポケモン全員、相手から受けるワザのダメージを「-30」してくれます。
特性「ハードコート」で耐性を持っている《メルメタルGX》と組み合わせると「-60」ダメージ。さらに《メタルゴーグル》や《鋼鉄のフライパン》を付けると「-90」ダメージにもなります。 

まさしく言葉どおり鋼そのものですね! 難攻不落な鉄壁の防御を築き上げることができます。

 

      

また、追加でエネルギーがついていれば相手バトルポケモンのエネルギーをすべてトラッシュ!

勝負の流れを一気に変えることができます。

 

《ルカリオ&メルメタルGX》のデッキレシピ


 

デッキのコンセプト

1:《ルカリオ&メルメタルGX》の「フルメタルウォールGX」を素早く起動
2:  様々なグッズを使い込み、耐久戦に持ち込んで粘り勝ち 

 

重要なカードと採用理由


ルカリオ&メルメタルGX 2


序盤の「フルメタルウォールGX」起動からゲームを進めていきたいです。
耐久戦に持ち込むことがこのデッキのコンセプトになりますのでゲーム終了まで永続的に「-30」してくれるこのワザを起動できるかどうかは、いわば鉄壁の城の土台を作ることそのもの。 

スタートラインとしてとても重要です。
「フルメタルウォール」後は《メルメタルGX》をメインに攻撃をしていくので、2枚に抑えるのが無難と判断してこの枚数採用です。 

 

メルメタルGX 3-3


特性「ハードコート」でこのポケモンへのワザのダメージを「-30」してくれます。
状況に応じて、《メタルゴーグル》《鋼鉄のフライパン》《ムキムキパッド》等の耐久グッズを使用することで、
さらに防御が硬くすることができます。
 

進化ラインは各3枚ずつ採用しており、このカードで耐久戦を仕掛けて勝ちを狙います。 

 

ジバコイル 2-0-2


特性「マグネサーキット」で手札にある鋼エネルギーを好きな数ポケモンに付けることができます。
一気にエネ加速ができるので、エネ0の状態からいきなり大ワザを放つことも♪ 

また《テンガン山》と組み合わせることによって、鋼エネがトラッシュに落ちても、
拾いつつすぐさま自分のポケモンに供給することができます。
 

   

そういった面で《テンガン山》は《まんたんのくすり》との相性がとてもいいですね♪

 

耐久グッズへのアクセス手段として


   
耐久グッズは”ポケモンのどうぐ”になるので《ぼうけんのカバン》とはとても相性がよいです。

また、トレーナーズを2枚持ってこれる《マサキの解析》も使い勝手が良さそうです。
 

 

全体を通して


ひとまず仮のプールではありますが、およそのベースはこのようなものになると予想しています。
また、《フルメタルウォール》関連の情報が出ましたらこの記事もすぐさまアップデートしていきます。

《ルカリオ&メルメタルGX》のデッキレシピ

現在作成中。お待ちください。